うさぎの餌 – ペレット・牧草・おやつ(野菜・果物)

うさぎ

草食動物であるウサギは牧草が主食です。ペットとして飼われるうさぎは、牧草の他にペレットと呼ばれるフードも食べます。ペレットはアルファルファやティモシーなどの牧草を砕いて粒状に固めた餌で、牧草だけでは足りないカロリーと栄養素を補うために与えます。このページではうさぎのごはん、ペレットと牧草、おやつの野菜・果物について考えてみましょう。

ペレットは必要?不要?

「野生のうさぎはペレットなど食べないのだから、ペレットなど不要だ」という意見もあるようですが、牧草だけで必要な栄養量を確保するには、相当な量を与えなければいけないため、ペットうさぎを牧草だけで飼育するのは一般的に、現実的ではないでしょう。ペレットが美味しいためうさぎは好んで食べますが、あげすぎると牧草をあまり食べなくなってしまいます。そうなると、歯に問題がでやすくなりますので、うさぎの食べ物には十分注意してください。うさぎ屋さんやフードのパッケージに記載された容量を守って与えるようにしましょう。

牧草はたくさん!常に食べられるように

牧草はうさぎが余らせるくらいに与えてあげましょう。常に牧草を食べられるのがベストです。牧草を食べきってしまっている場合は、与える量が足りないと考えてください。うさぎは歯が伸び続ける動物です。牧草を歯ですりつぶしながら食べることで歯が摩耗し、適正な長さに保たれます。歯が伸びすぎると不正咬合という状態になって、ごはんが食べられず、体調を崩してしまいます。

うさぎにとって、毎日げんきに牧草を食べることはとても大切ですので、ペレットやオヤツの量など飼い主さんが適切にコントロールしてあげてください。

おやつはあげて良いの?野菜・果物は?

牧草とペレット以外に、野菜やくだものなどおやつを食べさせてあげてもよいです。ただし、ウサギにとって毒になってしまうものや、あまり体に良くないものがありますので、与えるときは十分注意しましょう。うさぎのおやつに何をあげたら良いかは「うさぎにあげてもいい野菜・くだもの」のページにまとめてありますので参考にしてください。